44件中 16-20件目     [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]

Google App Engineではpure-Pythonなライブラリしか使えないため、Google App Engineで形態素解析をする場合には、Yahoo!の形態素解析サービスに処理を投げているものが多い。そうなると当然、他のサービスに依存してしまうため、そのサービスが落ちたりすると困ったことになる。できれば自分で形態素解析をしたいのだが、自分で全て書くには手間がかかるし、MeCabChasenなどはpure-Pythonなものではないため使えない。

そこで「TinySegmenter: Javascriptだけで実装されたコンパクトな分かち書きソフトウェア」のTinySegmenterをPythonで書いてみた。

(ちなみに、Perl版Ruby版は既にあった。)


今更だが、JavaScriptでコードハイライトをしてくれるgoogle-code-prettify というものを知った。 C、C++、Java、Javascript、Python、Ruby、PHP、Perl、Bash、Awk、Makefiles、HTML、XML、CSSなど多数の言語に対応していて、私のサイトで使う言語はほぼカヴァーしているので、使ってみることにした。

※ 現在はgoogle-code-prettifyではなく、SyntaxHighlighterを改造したものを使っています。

自分で考えたアルゴリズムの中で、素因数分解をする必要があったので、C++で素因数分解をする関数を書いてみた。調べてみると「p - 1 法」とか「連分数法」とかいろいろなアルゴリズムがあるようだったが、とりあえず、動けばいいので特に難しいアルゴリズムは使わずに実装してみた。


修正:
  • number<=0でもおかしくならないように修正 (2009/01/25 01:05:04)

POSIX拡張 正規表現をサポートするereg関数などのPOSIX 正規表現関数は、PHP6.0でコアから消えるらしい。

コアから消えるというだけでPECLとしては使えるようだし、バイナリ セーフでないereg関数を避けていた人もいるだろうから、それほど深刻な影響はないと思うが、意外とereg関数を使っている人もいるのではないだろうか?「php 正規表現」でぐぐると「PHP 基礎編9 - 正規表現、マッチ、置き換え、ereg、eregi、eregi_replace - SAK Streets」というereg関数の解説がトップに出てくるし、ときどきereg関数を使っているのを見る。

ところで、POSIX 正規表現関数には、split関数も含まれているのだが、やはりこれも使えなくなるのだろうか?


連想配列(ハッシュ)で作ったツリー構造の中に、ある配列(要するに部分木)が含まれているかをチェックする処理を実装しようと思ったときに、ふと==による配列の比較と===による配列の比較はどう違うのだろうと疑問が浮かんだ。==と===の違いについては、以前『厳密な比較 [PHP]』で詳しく調べてみたものの、配列の比較はあまり詳しく見ていなかった。

そこで==と===で配列の比較をした場合の違いを詳しく見てみたところ、意外なことがわかった。


44件中 16-20件目     [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]