132件中 61-65件目     [ ... 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... ]

通常、ループを途中で抜ける場合breakを使うが、ループの中にループがあるような多重ループを抜けるには、C言語ならgotoを使ったり、Javaならラベル指定付きbreakを使ったりと特殊な方法を使うこともある。

PHPでは、goto文もラベル指定付きbreak文もサポートされていないので、変数を用意して2回breakしなければならいと思っている人も意外といるが、PHPではbreak 2;というように値を指定して多重ループを抜けることができる。

(※PHP6からはgoto文がサポートされるらしい。)


今まで、PHPからPOSTリクエストを送信する方法は、fsockopen関数を使って書く方法しか知らなかったが、調べてみると意外といろいろな方法があった。

この中ではfsockopen関数を使う方法が、ライブラリのインストールや設定の変更も必要なく、PHP4でも使えて、多くの環境で使いやすい。 しかし、ストリーム関数+ファイルシステム関数を使う方法に比べると少々めんどくさい処理を書くことになる。 ストリーム関数+ファイルシステム関数を使う方法は、PHP5.0以上でallow_url_fopenが有効になっている必要はあるが、とても簡単に書くことができる。


少し前に書いた「キーストローク・ダイナミックスによる個人認証」の最後で同時入力を認識する認証を提案していたのを実際に作ってみた。

この方法では「↓, ↓+→, →+a」というようなコマンド入力で認証ができる。 「↓, ↓, →, →, a」と順番に押すだけでは認証は成功しない。

ソース表示

サイトを更新しました。

閲覧者に影響のある主な更新は以下の通り。
  • トラックバック機能の実装(オートディスカバリは未対応)
  • 記事リストページがFast Forwardに対応
  • 記事リストページで参考リストを表示しないように変更
  • RSSで、記事前半の一部を配信していたのを、前半全てを配信するように変更
  • 検索エンジンから来た場合、サイト内検索のボックスに検索ワードを入れる機能を実装
  • コメントの名前欄にデフォルトで「名無しさん」が入るように変更
  • コメントのcssを変更

count関数に第2引数があることを今更知った。 count関数とかprint_r関数とかhtmlspecialchars関数とか、PHPを勉強し始めたばかりのころに覚えた関数は、基本的な使い方を覚えているためマニュアルで見ることがなくて、省略された引数があることに気づくのがずいぶん遅くなった。 一度、マニュアルを見直した方がいいかもしれない。

それはそうと、count関数の第2引数に渡すCOUNT_RECURSIVEってどんなときに使うのだろう?


132件中 61-65件目     [ ... 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... ]