132件中 51-55件目     [ ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... ]

HTMLでは「あいうえお」という文字列を「あいうえお」というように数値で表すことができる。 これを数値文字参照という。

日本語文字列を数値文字参照に変換したり、逆に数値文字参照を文字に変換する場合、自力で実装しようとすると、文字エンコードを調べ全ての文字を対応する値に変換するというかなりめんどうな処理を書くことになる。


PostgreSQLでは、MySQLとは違いUPDATE文にLIMITやORDERを付けることができない。 そのため、あるテーブルから指定した件数のレコードを更新するには、UPDATEとSELECTを組み合わせて書く必要がある。


MySQLではUPDATE文にLIMITを付けることで、あるテーブルから指定した件数のレコードを更新することができる。 これを応用することで、テーブルからランダムに選んだレコードを更新することもできる。


最近、購読するRSSの数が増えてきたため、LDR(Livedoor Reader)を使い始めた。 とりあえず、「v」で元記事をフォアグラウンドで開く動作が気に入らなかったので、キーバインドを変更するユーザJavaScriptを探してみたが、FirefoxのGreasemonkeyしか見つからず、仕方がないのでOpera用にUserScriptを書いてみた。


※このdataスキームを使ってURLを消す方法は、Opera9.50ではうまく動いていましたが、Opera9.64ではリファラを消すことができなくなっていました。そのため、以下の方法ではOperaのリファラを消せないことがあります。

リファラを消す方法は「リファラ実験 - referrer test」にいくつか書いてあるが、これらの方法ではOperaのブラウザでリファラを消すことができない。 私はできないものだと諦めていたが、最近、「Operaでリファラ消し :: てくてく糸巻き」という記事を見つけた。 これはdataスキームを利用した方法で、実際に試してみたところOperaでもリファラを消すことができた。

そこで、通常のリンクをリファラを送らないリンクに変えるJavaScriptを書いてみた。

(Windows XP上のIE6、IE7、Firefox2、Opera9、Safari3で動作確認。)


132件中 51-55件目     [ ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... ]