132件中 46-50件目     [ ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... ]

ちょっと前からブログのパーツとしてよく見るようになった求人広告ドリコムのジョブボードだが、これってそんなに良いものなのだろうか? 「ドリコムのジョブボード設置しました - [Z]ZAPAブロ~グ2.0」を見てみると

求人投稿例として、以下のサイトの求人をチェックしてみました。(掲載費用は、確認時のものです)

BuzzWordのジョブボード
    月10万円で、10社以上
らばQのジョブボード
    月3万円で、10社以上
Music-PV Styleのジョブボード
    月3万円で、10社以上
(※以下略)

と書かれていて、「有名なブログなら月に10万~100万稼ぐこともできるのか、すげー。」とか思ったりもしたのだが・・・・・・。


※ 以前はCronのような機能はサポートされていませんでしたが、現在はApp Engine Cron サービスがサポートされています。

先日、発表されて以来、各所で話題になっているGoogle App Engineだが、これでcronのように定期的にバッチ処理を実行させたいときにはどうすればいいのだろう?

Livedoor Readerのようなサービスであればフィードを読みに行く処理が必要になるし、はてブのようなソーシャルブックマークサービスでも人気ブクマなどの集計は、ユーザが表示するごとに行うよりも定期的に処理を行う方が効率がいい。 ユーザへのレスポンスとは別に、定期的に処理が実行できるか否かというのは重要なポイントだ。


残念ながら、今のところPythonで作ったアプリケーションだけだが、自作Webアプリケーションをアップロードし、グーグルの提供するインフラ上で動かすことができる「Google App Engine」のプレビュー版が公開された。 500MBの容量制限や500万PV/月という制限があるようだが、相当人気の高いアプリでも作らない限り問題にはならない。 対応言語も今後、増えていくようだ。

PHPにも対応してくれることを期待するが、いつになるかわからないものを待つ気にもなれないし、RubyかPythonのどちらかを使ってみたいと思っていたので、これを機会にGoogle App Engine SDKでPythonを使ってみることにした。


PHPでタグクラウドを作るならPEARのHTML_TagCloudを使うのが便利なのだが、今回、タグクラウドのようなものを作ることになったため、これは使えなかった。 私がほしかったのは、以下のようにキーワードとカウントを渡すとカウントに応じて0.0~1.0までの値を返してくれるものだった。

Array           
(
	[word1] => 7
	[word2] => 16
	[word3] => 123
	[word4] => 89
	[word5] => 28
)
Array
(
	[word1] => 0
	[word2] => 0.0775862068966
	[word3] => 1
	[word4] => 0.706896551724
	[word5] => 0.181034482759
)

これを作るのはそれほど難しくはないが、問題はタグのサイズにあたる0.0~1.0の値をどう計算するかということだ。


PHPでHTMLをパースするには、PECL::Tidyを使う方法やDOM拡張モジュールを使う方法、「HTMLを整形式のXML文書に修正するPHPクラス : Under Construction, Baby」で配布されているようなライブラリなどを使う方法などがある。 この中でDOM拡張モジュールは、PHP5からPHPコアに含まれているため他の方法に比べて利用しやすい。


132件中 46-50件目     [ ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... ]